NEWS

新着順

画像
image image 環軸不安定症の画像診断
石川雄大
2022/08/01公開
環軸不安定症の画像診断
この映像は様々なパータンの「環軸不安定症の症例」について3つの症例を紹介し、読影ポイントを解説します。ストレス撮影を実施することはもちろん重要ですが、時として検査により症状が悪化してしまうことがあるため、この点については注意が必要です。ニュートラルポジションで撮影した映像から、情報を得られるようにすることが重要です。
画像
image image 骨のX線読影の基礎
石川雄大
2022/08/01公開
骨のX線読影の基礎
ここでは骨病変に対する読影の基礎を解説しています。骨の読影の基本として「発生部位」「骨破壊のされ方」「移行帯の評価」「骨膜反応の有無」「骨基質の形成」に注意して読影することが重要です。骨の溶解性病変やその辺縁、骨膜反応、発生部位を一つずつ丁寧に読影し解釈することがポイントになります。
画像
image image 肺葉捻転の画像特徴
石川雄大
2022/08/01公開
肺葉捻転の画像特徴
この映像では「肺葉捻転の画像診断」について整理したいと思います。肺葉捻転は緊急性が高く、外科的介入が必要になることが多い疾患です。その為、X線画像検査を中心にしっかりと診断を行うことが重要になります。時として悩ましい症例に遭遇することがありますが、超音波検査などその他のモダリティを併用することでより情報量は増えるので、自信をもって診断できるようにしましょう。
画像
image image 肺腫瘤を認めた一例
石川雄大
2022/08/01公開
肺腫瘤を認めた一例
このレクチャーでは「肺腫瘤を認めた組織球肉腫の症例」に対し、どのような画像所見を拾い上げ、鑑別順序に結びつけるのかを紹介しています。犬種の特異性が強い疾患で、特に気管気管支リンパ節の腫大は鑑別を絞り込む大きな特徴になります。それぞれの画像所見を合致することで、より自信を持って診断ができるようになるかと思います。
画像
image image 肺超音波検査の基礎
石川雄大
2022/08/01公開
肺超音波検査の基礎
この映像は「肺超音波検査の基本パターンの紹介」とその解釈に関して解説しています。重要なことは「肺超音波検査だけで判断しない」ということが大切で「X線画像」と組み合わせることでより正確な情報を得ることができます。結論として肺超音波検査は「分布とパターンから推測する」ということがポイントとなり、抽出された超音波画像の成り立ちや分布を理解し、X線と照らし合わせて考えていくことが重要です。
リハビリ
image image リハビリを依頼されて困る症例
長坂佳代
2022/07/15公開
リハビリを依頼されて困る症例
前回に引き続き、整形外科とリハビリテーションの専門医の2人が、リハビリの重要性やその方法について座談会形式で解説します。今回のテーマは「依頼されて困ること」です。手術の成果が良くない症例をリハビリテーション科に任せられることは少なくありません。手術の効果を上げるために、リハビリを取り入れるために必要な「意識や考え方」「知っておいてもらいたいこと」について、現状の問題や課題をお伝えします。
エキゾ
image image 鉛中毒の診断と治療
小嶋篤史
2022/07/15公開
鉛中毒の診断と治療
ここでは「腸閉塞の診断」後編のお話しになります。腸閉塞で入院したオカメインコにX線検査を実施したところ、何らかの陰影が確認されました。物理的な腸閉塞の場合、消化管は大きく膨れますが今回はその所見が見られませんでした。陰影の確認を行うために血液検査を行った結果から「鉛中毒」であると確定診断をしました。複雑な構成になっていますが、今回のお話では鉛中毒の原因、病態生理、臨床所見の特徴、診断、治療について詳しく解説します。 
画像
image image 猫の胸部のX線検査
石川雄大
2022/07/15公開
猫の胸部のX線検査
ここで猫の心原性肺水腫についてお話をします。猫の心原性肺水腫は犬と違い、画像所見に特徴的なパターンは存在しないので外想しないよう注意が必要です。また肺野に不透過性亢進を認められる場合のVHS測定や、肺血管の評価(張り)や心陰影形状の評価など、総合的な判断を行うことで、精度の高い診断を得ることができます。
動画をもっと表示する