image play video
  • 2021/04/15公開
  • 岩永孝治
    東京動物心臓病センター センター長
    岩永孝治
    日本大学農獣医学部獣医学科を卒業後、同大学付属動物病院研修医課程の修了を経て、2003年に千葉大学大学院医学研究院循環病態医科学に入局。2007年には同研究院にて医学博士号・日本獣医循環器学会認定医を取得し、2011年に東京動物心臓病センターを設立。

ループ利尿薬の使い方がカギとなる症例

ここではステージCの13歳チワワの症例について解説します。咳を主訴に来院し、過去にループ利尿薬を投薬したところ食欲不振→腎数値の上昇→腎不全となったためループ利尿薬を休薬。ただしループ利尿薬をやめると咳気してしまうという症例に対し、どのような治療を行なったかを解説します。
犬の「僧帽弁閉鎖不全症」シリーズ

概論
僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症について

CASE 1
僧帽弁閉鎖不全症

咳を主訴に来院した重症度ステージCのチワワ

CASE 2
僧帽弁閉鎖不全症

心雑音の精査で来院したステージB2のトイプードル

CASE 3
僧帽弁閉鎖不全症

頻拍で来院したステージDのシーズー

CASE 4
僧帽弁閉鎖不全症

咳が改善しない15歳齢ポメラニアン

CASE 5
僧帽弁閉鎖不全症

虚脱・失神を発症するM.ダックスフンド

CASE 6
僧帽弁閉鎖不全症

心雑音の精査で来院したキャバリア

CASE 7
僧帽弁閉鎖不全症

咳を主訴に来院した重症度ステージDのチワワ

CASE 8
僧帽弁閉鎖不全症

検診で心嚢水貯留を確認され来院したチワワ

CASE 9
僧帽弁閉鎖不全症

他院で肺水腫と診断され来院したポメラニアン

CASE 10
僧帽弁閉鎖不全症

呼吸促迫を主訴に来院したチワワ

※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます

関連動画

救急
image image 深部膿皮症から敗血症を発症し外科治療を行った犬
杉浦洋明
深部膿皮症から敗血症を発症し外科治療を行った犬
「犬の膿皮症」はよく見られる皮膚疾患です。救急で来るケースは多くありませんが、今回は深部膿皮症から敗血症まで発症した症例をご紹介します。本症例では内科的治療が厳しく、病変部位が広がり致命的な事態になりうる為、来院5時間の時点で切除手術を実施しました。この症例のように広範囲切除するのはレアなケースですが、あくまで敗血症治療の二本柱として抗生剤投与とソースコントロールです。感染源の状況を踏まえると、病変が広がってしまった状況であれば外科的対処というものも考慮が必要です。
救急
image image 低ナトリウム血症で痙攣重積を起こした犬
杉浦洋明
低ナトリウム血症で痙攣重積を起こした犬
この動画では「痙攣重積」についてお話しします。痙攣を起こした理由として、脳疾患以外に考えられるのが低血糖、低ナトリウム血症、高アンモニア血症3つです。本症例では低ナトリウム血症の数値は異様に目立ちます。なんで低ナトリウム血症になってしまったのか?ここでは、その原因を考察する3つの手順について詳しくご解説していきます。
救急
image image パン生地中毒の犬
杉浦洋明
パン生地中毒の犬
犬の救急症例で非常に多いのは誤飲誤食による中毒です。今回は、かなりマニアックな「パン生地中毒」についてお話しします。パン生地中毒の本質はアルコール中毒だという認識が必要ですが、その他想定されるトラブルもあります。ここでは、パン生地中毒の特徴をご紹介した後に、実症例を通して、救急現場での処置や治療戦略、胃洗浄の注意点、さらに入院管理について詳しくご解説します。

Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/c7778230/public_html/tv.life-tail.com/wp-content/themes/lifeandtail/single-movies.php on line 17
循環器
image image 心エコー診断のテクニックとコツ1〜病態の把握と確定診断〜
岩永孝治
心エコー診断のテクニックとコツ1〜病態の把握と確定診断〜
このシリーズでは、循環器疾患の診断に至るまでの過程を“専門医の頭の中”で解説します。第1回では、まず「病態を把握する」ことが必要で、そのためには2つのポイントがあります。まずは「綺麗な画像を描出する」こと。綺麗な画像であれば心臓内部の様子・負担がかかる部位・小さい心臓の様子などをクリアに観察でき、様々な情報を得られます。そしてもう1つは「病態を明確に把握する」こと。ドプラ心エコーを用いて異常血流を観察して心不全を確認し、確定診断に至ります。この動画ではそれぞれの検査のコツもしっかりお伝えします。

Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/c7778230/public_html/tv.life-tail.com/wp-content/themes/lifeandtail/single-movies.php on line 17
循環器
image image 心エコー診断のテクニックとコツ3〜評価法II 心不全の重症度を把握しよう〜
岩永孝治
心エコー診断のテクニックとコツ3〜評価法II 心不全の重症度を把握しよう〜
このシリーズでは、循環器疾患の診断に至るまでの過程を“専門医の頭の中”で解説します。第3回では、前回の続きとして「ドプラ心エコー」を使用した各疾患の確定診断までをお送りします。波形の読み方をしっかりマスターすれば治療効果の高い確定診断を行うことができます。そのために僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症それぞれの血流の流れと評価方法を分かりやすく解説します。

Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/c7778230/public_html/tv.life-tail.com/wp-content/themes/lifeandtail/single-movies.php on line 17
循環器
image image 心エコー診断のテクニックとコツ2〜評価法I 心不全の病態を把握しよう〜
岩永孝治
心エコー診断のテクニックとコツ2〜評価法I 心不全の病態を把握しよう〜
このシリーズでは、循環器疾患の診断に至るまでの過程を“専門医の頭の中”で解説します。第2回では、「評価方法」について解説。心疾患は様々な病気・病態が存在し、それぞれ見るべき項目のバリエーションは違うため、病態によって見方を変える必要があります。ここでは「犬の僧帽弁閉鎖不全症」「猫の心筋症」を例として、肺水腫に至るまでの全く異なる過程を比較します。心臓の“個性”を見極めて診断するために、それを見極めるコツをお送りします。