image play video
  • 2021/04/15公開
  • 岩永孝治
    東京動物心臓病センター センター長
    岩永孝治
    日本大学農獣医学部獣医学科を卒業後、同大学付属動物病院研修医課程の修了を経て、2003年に千葉大学大学院医学研究院循環病態医科学に入局。2007年には同研究院にて医学博士号・日本獣医循環器学会認定医を取得し、動物の循環器診断サービスを設立。2009年より日本小動物医療センター循環器科をはじめ、関東を中心に10病院で循環器診断を担当している。

ループ利尿薬の使い方がカギとなる症例

ここではステージCの13歳チワワの症例について解説します。咳を主訴に来院し、過去にループ利尿薬を投薬したところ食欲不振→腎数値の上昇→腎不全となったためループ利尿薬を休薬。ただしループ利尿薬をやめると咳気してしまうという症例に対し、どのような治療を行なったかを解説します。
犬の「僧帽弁閉鎖不全症」シリーズ

概論
僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症について

CASE 1
僧帽弁閉鎖不全症

咳を主訴に来院した重症度ステージCのチワワ

CASE 2
僧帽弁閉鎖不全症

心雑音の精査で来院したステージB2のトイプードル

CASE 3
僧帽弁閉鎖不全症

頻拍で来院したステージDのシーズー

CASE 4
僧帽弁閉鎖不全症

咳が改善しない15歳齢ポメラニアン

CASE 5
僧帽弁閉鎖不全症

虚脱・失神を発症するM.ダックスフンド

CASE 6
僧帽弁閉鎖不全症

心雑音の精査で来院したキャバリア

CASE 7
僧帽弁閉鎖不全症

咳を主訴に来院した重症度ステージDのチワワ

CASE 8
僧帽弁閉鎖不全症

検診で心嚢水貯留を確認され来院したチワワ

CASE 9
僧帽弁閉鎖不全症

他院で肺水腫と診断され来院したポメラニアン

CASE 10
僧帽弁閉鎖不全症

呼吸促迫を主訴に来院したチワワ

※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます

関連動画

外科
image image 尿道包皮吻合術を行なったM.ダックスフント
岩井聡美
尿道包皮吻合術を行なったM.ダックスフント
肛門嚢腺癌の切除部分から液体が出ていて、排尿困難を主訴に紹介来院したミニチュア・ダックスフントの症例を紹介します。断裂してしまった尿道に対し端々吻合をすることは不可能ではありませんが、犬の場合は海綿体が発達しているため骨盤腔内での整復は難しくなります。それらを考え、今回は「尿道包皮吻合術」を行ないました。ここでは手術用顕微鏡を用いた尿道包皮吻合の方法、テクニック、注意点及び術後管理について詳しく解説していきます。
循環器
image image 呼吸促迫を主訴に来院したチワワ
岩永孝治
呼吸促迫を主訴に来院したチワワ
呼吸促迫を主訴に来院したチワワについてお話しをします。来院時検査で「前尖逸脱による左心拡大」の所見が見られたため、重度な僧帽弁閉鎖不全症と診断し、トラセミドの投与量を調整しながら治療開始しました。この症例は、発咳が「心拡大による気管圧迫されること」が原因となり、心拡大を改善させることが治療のポイントになります。
循環器
image image 胸水を主訴に来院したミックス猫
堀泰智
胸水を主訴に来院したミックス猫
ここで紹介する症例は原因不明の胸水貯留を主訴で来院したミックス猫で、心不全の治療だけでは胸水が改善されませんでした。一般的に胸水の原因としては「うっ血性心不全」「腫瘍性疾患」「伝染性腹膜炎(FIP)」が考えられ、この3つの疾患に対し必ず評価を行うことが必要です。この症例を通じ、胸水貯留の猫における基礎疾患の精査と治療の重要性を紹介します。
呼吸器
image image 上気道疾患に対する超音波検査の応用
濵田興
上気道疾患に対する超音波検査の応用
この映像は、喉頭麻痺を疑うアフガン・ハウンドに行った超音波検査についてお話します。上気道疾患において超音波検査を行うべき疾患は?また喉頭麻痺を疑う場合の評価のポイントとはどのようなものが挙げられるのか?喉頭の超音波検査で確定診断は可能か?これらについて、実際の症例をみながら、解説したいと思います。
内科
image image ビリルビン高値・血小板減少のポメラニアン
金本英之
ビリルビン高値・血小板減少のポメラニアン
今回お話する症例は、黄疸・貧血・血小板減少・肝酵素高値といった検査異常を認められ、詳しい検査を受けるために来院したポメラニアンです。当院で行なった検査からの鑑別診断、治療について解説します。ここでは、診断した疾患の病態や症状、検査所見の特徴、鑑別のポイントについて詳しく解説します。
内科
image image 食欲・活動性低下を認めた雑種犬
金本英之
食欲・活動性低下を認めた雑種犬
この症例は食欲・活動性低下を認めた大型雑種犬ですが、症状や病態などが複雑な一例としてご紹介します。画像検査で非典型的な所見が複数見つかりましたが、皆さんはこのような場合、どのように診断をしていますか?また診断が確定した後は、どのような治療プランを立てていますか?ここでは、稀な疾患における診断や治療法の考え方について解説したいと思います。