[#整形外科的検査法] 検索結果

整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]後肢の足根関節領域の検査
2021/05/01公開
[整形外科的検査法]後肢の足根関節領域の検査
ここでは側根関節領域の検査方法について解説します。趾端を圧迫し疼痛と骨折の有無を確認し、足根関節は「可動域制限」と「異常可動性の有無」をチェックします。アキレス腱は張りや変異の有無を確認し、足底靭帯断裂の確認方法について解説します。
整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]前肢の手根関節領域の検査
2021/04/15公開
[整形外科的検査法]前肢の手根関節領域の検査
前肢の整形外科的検査では「手根関節領域」の、指端の観察と肉球の触診から行います。肉球パッドは一つずつ触診し、指骨は伸展・屈曲で痛みの有無を確認します。手根関節の異常可動性の確認、関節可動域制限の有無を確認していきます。最後に前腕の変形、疼痛の有無について触診を行います。
整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]後肢の膝関節の検査
2021/05/01公開
[整形外科的検査法]後肢の膝関節の検査
膝関節領域の検査方法について解説します。膝関節に発症する疾患は多くあるためしっかりとした検査確認が必要です。「膝蓋骨脱臼」はグレード分類されるため、脛骨を外旋・内旋した状態や股関節を進展させた時の状態、横臥位での状態で脱臼が発生するかを確認します。また「前十字靭帯の断裂」の確認、膝関節の「側副靭帯損傷」の検査方法について解説します。
整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]後肢の股関節の検査
2021/05/01公開
[整形外科的検査法]後肢の股関節の検査
股関節疾患をスクリーニングする際は、伸展時疼痛の有無を確認が有効です。股関節は疼痛の他に緩み、脱臼などを発症する疾患があります。股関節の緩みを確認する「バーデン試験」、股関節形成不全を確認する「オルトラニ試験」、外傷性の股関節脱臼の有無を確認する「三角試験」について解説します。
整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]前肢の肩関節の検査
2021/04/15公開
[整形外科的検査法]前肢の肩関節の検査
肩関節の触診は「二頭筋腱テスト」からを行います。肘関節を最大に伸展させた状態で肩関節を最大に屈曲させ、肩関節の伸展時の疼痛の有無を確認します。外転角の検査は大きな痛みを伴う場合があるので、状況によって麻酔下で検査を行うことが必要です。
整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]前肢・後肢のスクリーニング検査
2021/04/15公開
[整形外科的検査法]前肢・後肢のスクリーニング検査
前肢と後肢の触診検査は「全身のスクリーニング検査」から行います。体幹部から指端に向かって同じ関節を対照的に触診していきます。その時に筋肉の張り具合、関節の腫れ、熱感の確認を行います。後肢の場合はアキレス腱の張りも確認します。
整形外科的検査法
image image [整形外科的検査法]前肢の肘関節の検査
2021/04/15公開
[整形外科的検査法]前肢の肘関節の検査
肘関節の触診では、「キャンベル法」を用いて肘関節の触診検査を行ないます。手根関節を外旋、内旋させ側副靱帯の損傷について確認します。次に肘関節の可動域制限と疼痛の有無を確認し、最後に内側鉤状突起の圧痛の有無を確認します。