image play video
  • 2021/04/15公開
  • img
    日本大学獣医学科獣医外科学研究室 准教授
    枝村一弥
    日本大学農獣医学部獣医学科を卒業し、東京大学大学院農学生命科学研究科(獣医学専攻)を修了。日本大学生物資源科学部助手および専任講師、University of Missouriの客員研究員を経て、2015年より日本大学生物資源科学部准教授を務める。

前肢・後肢のスクリーニング方法について

前肢と後肢の触診検査は「全身のスクリーニング検査」から行います。体幹部から指端に向かって同じ関節を対照的に触診していきます。その時に筋肉の張り具合、関節の腫れ、熱感の確認を行います。後肢の場合はアキレス腱の張りも確認します。

※この動画にハンドアウトはつきません

関連動画

検査法
image image [消化管内視鏡検査]マーゲンモデルを用いた挿入練習
[消化管内視鏡検査]マーゲンモデルを用いた挿入練習
ここでは、犬のマーゲンモデル(胃模型)を用いた消化管内視鏡挿入方法について解説します。マーゲンモデルは中型犬の犬が“左側/横臥位”で寝ている状態の胃の形を元に作られた模型です。食道、胃、幽門道、十二指腸への挿入操作方法や、観察ポイント、生検箇所について解説します。
検査法
image image [神経学的検査法]脳神経・顔面の対称性
[神経学的検査法]脳神経・顔面の対称性
顔面の対称性について確認を行います。対称性を確認するため、犬の正面から観察します。視診と触診で「表情筋」の左右が対照的になっているかを確認します。続いて「側頭筋」「咬筋」を観察しながら、左右で不対象が無いかどうかを観察します。
整形
image image 骨折整復後に骨癒合不全を発症したCKCS
骨折整復後に骨癒合不全を発症したCKCS
今回は「自家骨移植」についてお伝えします。症例は骨折整復後に骨癒合不全を発症した、骨が活性を失い、溶けて消失してしまう状態のCKCSです。骨癒合不全の治療を行う際には、感染の評価と骨の生物学的活性の評価が重要で、感染が認められる場合は原則、感染の制御後に再建を計画します。
検査法
image image [整形外科的検査法]後肢の足根関節領域の検査
[整形外科的検査法]後肢の足根関節領域の検査
ここでは側根関節領域の検査方法について解説します。趾端を圧迫し疼痛と骨折の有無を確認し、足根関節は「可動域制限」と「異常可動性の有無」をチェックします。アキレス腱は張りや変異の有無を確認し、足底靭帯断裂の確認方法について解説します。
検査法
image image [整形外科的検査法]後肢の股関節の検査
[整形外科的検査法]後肢の股関節の検査
股関節疾患をスクリーニングする際は、伸展時疼痛の有無を確認が有効です。股関節は疼痛の他に緩み、脱臼などを発症する疾患があります。股関節の緩みを確認する「バーデン試験」、股関節形成不全を確認する「オルトラニ試験」、外傷性の股関節脱臼の有無を確認する「三角試験」について解説します。
検査法
image image [整形外科的検査法]後肢の膝関節の検査
[整形外科的検査法]後肢の膝関節の検査
膝関節領域の検査方法について解説します。膝関節に発症する疾患は多くあるためしっかりとした検査確認が必要です。「膝蓋骨脱臼」はグレード分類されるため、脛骨を外旋・内旋した状態や股関節を進展させた時の状態、横臥位での状態で脱臼が発生するかを確認します。また「前十字靭帯の断裂」の確認、膝関節の「側副靭帯損傷」の検査方法について解説します。