image play video
  • 2021/12/01公開
  • 村山信雄
    犬と猫の皮膚科 代表
    村山信雄
    帯広畜産大学畜産学部獣医学科を卒業後、北海道農業共済組合や大阪・北海道の動物病院での勤務を行う。 2010年にアジア獣医皮膚科専門医を取得。2012年には岐阜大学連合大学院にて博士(獣医学)を取得し、犬と猫の皮膚科を設立。2016年に犬と猫の皮膚科クリニックを東京都江東区に開院し、現在に至る。

丘疹の原因疾患を特定するには丁寧な皮膚症状の観察が大事

ここでは、皮膚の症状の一つである「丘疹」について、若齢のフレンチブルドックの症例を挙げ解説します。この症例は紹介で来院し、来院時の状況は右前肢に脱毛・紅斑・丘疹の病変が現れ、皮膚症状から皮膚糸状菌症と鑑別診断をしました。鑑別診断の流れについて、検査法、治療法及び治療の注意点について詳しくご紹介いたします。

皮膚シリーズ1  ”丘疹”を考えよう

「丘疹」をどう読み、どう治療していくか?
一緒に考えていきましょう。

右前肢に見られる丘疹

フレンチブルドッグ/10ヶ月齢

内容 ・丘疹を生じる病態
   ・毛包の炎症からの鑑別診断
   ・皮膚糸状菌症の検査
   ・皮膚糸状菌症の治療
   ・内服薬の注意点

毎年繰り返す腹部のぶつぶつ

フレンチブルドッグ/5歳齢

内容 ・丘疹を生じる病態
   ・毛包の炎症からの鑑別診断
   ・細菌培養検査のタイミング
   ・全身性抗菌薬と外用療法
   ・背景疾患の検討

皮膚シリーズ2  ”マラセチア皮膚炎”を考えよう

これらの症例がどうして「マラセチア皮膚炎」と見ることができるのか?
一緒に考えていきましょう。

再発を繰り返し治らないケース

M.シュナウザー/5歳齢

内容 ・間擦部に生じる
      左右対称性病変の鑑別診断
   ・マラセチア皮膚炎の診断材料
   ・マラセチア皮膚炎の治療
   ・外用療法と全身療法

重症例に対する有効な治療法

シーズー/6歳齢

内容 ・急性期と慢性期
   ・脂漏犬種における治療と管理
   ・シャンプーで大事なこと
   ・炎症とあぶらにシクロスポリン
   ・皮膚病の重症度を考える

※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます

関連動画

眼科
image image 若齢犬の白内障手術〜超音波乳化吸引術〜
小野啓
若齢犬の白内障手術〜超音波乳化吸引術〜
若い年齢に対する白内障手術は気を付けることが多くあります。この症例では「過熟期白内障および水晶体起因性ぶどう膜炎」を患う1歳8ヶ月のフレンチブルドッグを例とし、ステロイド治療後の手術症例を解説します。ステロイドによる影響、そして若齢での大きなピットホールになりうる前嚢切開とレンズ挿入について、の注意点やその後の影響・再発リスク等を踏まえてお伝えします。
眼科
image image 犬のチェリーアイ〜アンカー法による瞬膜腺整復術〜
小野啓
犬のチェリーアイ〜アンカー法による瞬膜腺整復術〜
瞬膜腺脱出は日常診療でよく遭遇する1つの疾患です。治療法としてかつては瞬膜線の切除が主流でしたが、ドライアイになる可能性が高いことから、現在では瞬膜線は切除しせずに正常な位置へ戻す方法が重宝されています。整復術には「埋没法」と「固定法」の2つがありますが、今回は“内眼角付近への固定法”を図解で説明します。さらにオペ動画で実際の流れを見ながらアプローチのコツや器具についても詳しくお伝えします。
皮膚
image image 犬種からみた痒みの評価[柴犬]2
村山信雄
犬種からみた痒みの評価[柴犬]2
本映像では、痒みの評価方法について「年齢・性別・犬種」に分けて詳しくお話をします。ご紹介する症例は眼囲の痒みを主訴に来院した1歳齢避妊雌の柴犬です。両眼に色素沈着・脱毛があり、さらに左右差があった場合何を考え、どんな診療を行うのか。そしてどんな治療法が適応されるのか?これらについて症例をもとにお伝えし、痒みの管理が出来なくなった時のポイントも併せてご解説します。
皮膚
image image 犬種からみた痒みの評価[柴犬]5
村山信雄
犬種からみた痒みの評価[柴犬]5
柴犬で最後の症例は、現在治療継続中の避妊雌です。犬アトピー性皮膚炎は痒みの重症度や治療の選択肢が患者によって多岐にわたりますが、そんな中で専門医でも苦慮する症例をご紹介します。[犬アトピー性皮膚炎+多汗/脂漏]とうい超難関で考える第一選択薬は?犬アトピー性皮膚炎は一生の病気です。一生付き合うためにも犬アトピー性皮膚炎を取り巻く9つの要因をしっかり整理しながら今の状況にうまく対応する方法をお伝えします。
皮膚
image image 犬種からみた痒みの評価[柴犬]1
村山信雄
犬種からみた痒みの評価[柴犬]1
今回のシリーズは、特に遭遇する頻度の高い柴犬にフォーカスし、講師先生が実際に診察・治療した5つの症例をご紹介します。柴犬の痒みは犬アトピー性皮膚炎が中心に始まることから、ここでは犬アトピー性皮膚炎に関する症例をもとに、痒みの基本的な病気の「考え方・評価方法・診断・治療法」について解説していきます。まず1つ目は典型的な犬アトピー性皮膚炎の症例をみながら、病態や薬の選択の仕方などについてお話をします。
皮膚
image image 犬種からみた痒みの評価[柴犬]3
村山信雄
犬種からみた痒みの評価[柴犬]3
この映像は、3つ目の症例として4歳齢の柴犬についてお話しします。眼囲の痒み・腹部紅斑・色素沈着・苔癬化と多くの症状を持ち、症状は左右差があり、即効性を期待したオクラシチニブが効かない・・・そんな時、次はどこを見ますか?オクラシチブ効かない理由、痒みの原因、苔癬化に至った理由、そして結果的な皮膚の構造変化への対応、それらをを総合的に捉え、次の治療薬の候補と管理方法を考えていきましょう。