image play video
  • 2021/08/15公開
  • 神志那弘明
    KyotoAR動物高度医療センター センター長
    神志那弘明
    酪農学園大学酪農学部獣医学科を卒業後、一次診療勤務の経験を経て、2001年に米国フロリダ大学獣医学部研究員に着任。その後、同大学大学院修士課程(小動物臨床学専攻)および博士課程(小動物臨床学専攻)を修了する。2008年より岩手大学農学部獣医内科学研究室助教に就任、2010年より岐阜大学応用生物科学部獣医臨床放射線学研究室准教授に就任、2022年4月よりKyotoAR動物高度医療センターセンター長に就任し、現在に至る。

髄膜腫の摘出から閉頭までの解説

今回のオペシリーズ解説では「側頭後頭開頭術」について解説します。症例は高齢のT.プードルで、MRI画像から小脳テントから発生した髄膜腫が疑われました。後半の映像では、開頭後に行なった生検、腫瘍の内減圧、腫瘍の剥離と摘出、硬膜再建について解説します。繊細な手術が必要となるため、顕微鏡を用いての映像が中心となりますが、組織の位置や注意事項、手順について解りやすく解説します。

前 半

各種検査〜診断〜側頭後頭開頭術

・プロフィール
・MRI検査所見
・オペにあたっての注意点
・消毒/保定
・切皮/側頭筋切開
・側頭骨と後頭骨の切削
・横静脈洞の遮断
・骨弁の除去
・腫瘍と血管走行のエコー確認

後 半

髄膜腫の摘出〜閉頭〜病理診断結果

・フルオレセインによる腫瘍染色
・腫瘍生検
・腫瘍の内減圧
・正常脳からの腫瘍剥離/摘出
・小脳膜性テント切除
・側頭筋筋膜の採取と硬膜再建
・閉創
・病理診断結果
   

※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます

関連動画

外科
image image 尿道包皮吻合術を行なったM.ダックスフント
岩井聡美
尿道包皮吻合術を行なったM.ダックスフント
肛門嚢腺癌の切除部分から液体が出ていて、排尿困難を主訴に紹介来院したミニチュア・ダックスフントの症例を紹介します。断裂してしまった尿道に対し端々吻合をすることは不可能ではありませんが、犬の場合は海綿体が発達しているため骨盤腔内での整復は難しくなります。それらを考え、今回は「尿道包皮吻合術」を行ないました。ここでは手術用顕微鏡を用いた尿道包皮吻合の方法、テクニック、注意点及び術後管理について詳しく解説していきます。
神経
image image 行動異常を呈する高齢のI.グレーハウンド
野末祐大
行動異常を呈する高齢のI.グレーハウンド
今回は徘徊・四肢ふらつきなど神経症状を主訴に来院したイタリアン・グレーハウンドですが、各種検査を実施したところ「門脈体循環シャント」が認められました。この疾患は通常”若齢”で発症するイメージがありますが、高齢の場合、顕在化する症例が比較的多く見られます。ここで検査・診断及び治療について詳しく解説したいと思います。
循環器
image image 呼吸促迫を主訴に来院したチワワ
岩永孝治
呼吸促迫を主訴に来院したチワワ
呼吸促迫を主訴に来院したチワワについてお話しをします。来院時検査で「前尖逸脱による左心拡大」の所見が見られたため、重度な僧帽弁閉鎖不全症と診断し、トラセミドの投与量を調整しながら治療開始しました。この症例は、発咳が「心拡大による気管圧迫されること」が原因となり、心拡大を改善させることが治療のポイントになります。
循環器
image image 胸水を主訴に来院したミックス猫
堀泰智
胸水を主訴に来院したミックス猫
ここで紹介する症例は原因不明の胸水貯留を主訴で来院したミックス猫で、心不全の治療だけでは胸水が改善されませんでした。一般的に胸水の原因としては「うっ血性心不全」「腫瘍性疾患」「伝染性腹膜炎(FIP)」が考えられ、この3つの疾患に対し必ず評価を行うことが必要です。この症例を通じ、胸水貯留の猫における基礎疾患の精査と治療の重要性を紹介します。
呼吸器
image image 上気道疾患に対する超音波検査の応用
濵田興
上気道疾患に対する超音波検査の応用
この映像は、喉頭麻痺を疑うアフガン・ハウンドに行った超音波検査についてお話します。上気道疾患において超音波検査を行うべき疾患は?また喉頭麻痺を疑う場合の評価のポイントとはどのようなものが挙げられるのか?喉頭の超音波検査で確定診断は可能か?これらについて、実際の症例をみながら、解説したいと思います。
内科
image image ビリルビン高値・血小板減少のポメラニアン
金本英之
ビリルビン高値・血小板減少のポメラニアン
今回お話する症例は、黄疸・貧血・血小板減少・肝酵素高値といった検査異常を認められ、詳しい検査を受けるために来院したポメラニアンです。当院で行なった検査からの鑑別診断、治療について解説します。ここでは、診断した疾患の病態や症状、検査所見の特徴、鑑別のポイントについて詳しく解説します。