image play video
  • 2022/04/01公開
  • 森昭博
    日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科獣医保健看護学臨床部門 准教授/日本獣医生命科学大学附属動物医療センター 内分泌科担当医
    森昭博
    2006年日本獣医生命科学大学 獣医学科卒後、同大学獣医学専攻博士課程を修了。2009年より日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科臨床部門助教となり、イリノイ大学動物科学科への留学、講師を経て現在に至る。

診断基準の考え方と目標値の設定について

ここでは「犬と猫の糖尿病の病態と診断」についてお話しします。犬と猫の糖尿病は多飲多尿や体重減少といった臨床症状や持続的な高血糖を示すなど共通した症状を表し、その診断は比較的容易ですが、診断基準を高めることで的確な治療や提案を行うことが可能です。ここでは糖尿病についての原因、高い診断基準からの診断、血糖コントロール目標の立て方について詳しく解説していきます。

※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます
内分泌シリーズ 犬と猫の糖尿病

PART1

病態と診断について

糖尿病とは
犬糖尿病の原因
猫糖尿病の原因
糖尿病の診断基準
血糖コントロール目標
まとめ

PART2

管理方法について

血糖自己測定について
糖尿病の食事療法
低血糖の診断と対処法
まとめ

PART3

犬のインスリン治療

インスリンの選択
インスリンの効目
NPHインスリンについて
プロジンクについて
投与後経過
レベミルについて
まとめ

PART4

猫のインスリン治療

インスリンの選択/効目
プロジンクについて
グッドコントロールとは
レベミルとランタスの比較
トレシーバについて
まとめ

PART5

症例解説

症例1(トイ・プードル)
症例2(トイ・プードル)
症例3(猫)
まとめ

関連動画

神経
image image 人気犬種別&猫から診る神経疾患9〜グリオーマ(脳腫瘍)について〜
長谷川大輔
人気犬種別&猫から診る神経疾患9〜グリオーマ(脳腫瘍)について〜
現在フレンチブルドッグの飼育頭数が増えておりますが、グリオーマ(脳腫瘍)の好発犬種であると言っても過言ではありません。特に希突起膠細胞腫が多い印象です。グリオーマは、てんかん発作を起こしやすい場所に発生してくるので、中齢のフレンチブル、ボストンテリア、ボクサーで発作が出てきた場合、躊躇なくMRI検査を行いましょう。
眼科
image image 眼科手術入門〜消毒・保定法〜
小野啓
眼科手術入門〜消毒・保定法〜
眼科外科手術の基礎として、手術室のレイアウト・術野の準備・術者のポジショニングについてご紹介します。手術中は手技の進行と同時に様々な機械に触れるため、機能的で動きやすいレイアウトを心がけましょう。また、手術前の術野準備は全ての手術に共通しますが、ここでは眼科手術の術野である「眼球と眼球周辺」について、毛刈りから消毒まで、保定のポイント、そして必要な器具の揃え方を詳しくご紹介します。
エキゾ
image image 鉛中毒の診断と治療
小嶋篤史
鉛中毒の診断と治療
ここでは「腸閉塞の診断」後編のお話しになります。腸閉塞で入院したオカメインコにX線検査を実施したところ、何らかの陰影が確認されました。物理的な腸閉塞の場合、消化管は大きく膨れますが今回はその所見が見られませんでした。陰影の確認を行うために血液検査を行った結果から「鉛中毒」であると確定診断をしました。複雑な構成になっていますが、今回のお話では鉛中毒の原因、病態生理、臨床所見の特徴、診断、治療について詳しく解説します。 
エキゾ
image image 腸閉塞の診断
小嶋篤史
腸閉塞の診断
この映像では、突然元気と食欲がなくなり、緑色下痢状便を主訴に来院した3歳のオカメインコの症例をご紹介します。胸部触診・腹部触診・検便の検査を行い、重度な腸閉塞と診断しましたが、鳥の腸閉塞においては「便」を知っておくことが重要です。ここでは正常時の便と腸閉塞時の便の状態や特徴を紹介し、腸閉塞の原因、鑑別診断及び治療法について解説していきます。
内分泌
image image 犬と猫の糖尿病 - 症例解説 –
森昭博
犬と猫の糖尿病 - 症例解説 –
ここではインスリン治療を行なった症例を紹介します。1つ目は、膵炎後経過観察と甲状腺機能低下症の疑いで来院した高齢犬の症例について。2つ目は、インスリン注射時にオーナーが噛まれるとの治療相談で来院した高齢犬の症例。3つ目は、インスリン抗体ができてインスリン抵抗性が起こった猫の珍しい症例を紹介します。症状や体重によって使用するインスリンの選択が必要となり、また投与量や効果も変化します。症例を通じてポイントを解説します。
内分泌
image image 犬と猫の糖尿病 - 管理方法について –
森昭博
犬と猫の糖尿病 - 管理方法について –
糖尿病の犬や猫ににおける自宅での管理は治療の一環として必要不可欠になるため、オーナーに適切なアドバイスや指導を行うことが重要になります。ここでは、血糖自己測定に必要な器具、食事療法の注意点、低血糖の対処法についてお話をしていきます。