image play video
  • 2021/06/01公開
  • img

    DVMsどうぶつ医療センター横浜二次診療センター救急診療センター センター長
    杉浦洋明
    2006年に東京農工大学を卒業。在学中は微生物学研究室に所属。6年間木俣動物病院(浜松市)にて一般臨床に従事。2012年よりDVMsどうぶつ医療センター横浜救急診療センターで勤務。2015年より同センター長を務め、救急チームを率いながらER・ICU分野の発展を期して活動中。

緊急気管挿管と人工呼吸

普段から救命救急医療を行なっていても、高体温を伴う上部軌道閉塞ときくと大変なイメージが浮かびます。起こっている事を理解することは容易ですが、いざとなった時の対応は躊躇してしまいがちで、実はそこが問題になると思っています。あまり深く考えすぎず、ためらわず治療を行なっていくことがポイントになります。

関連動画