image play video
  • 2022/03/01公開
  • 小林聡
    ONE for Animals 副社長 / ONE千葉どうぶつ整形外科センター 院長
    小林聡
    麻布大学獣医学部獣医学科を卒業し、麻布大学大学院博士課程を修了。 DVMsどうぶつ診療センター横浜二次診療センター整形外科における経験を経て、現在は、麻布大学獣医学部解剖学研究室共同研究員、ONE千葉どうぶつ整形外科センター 院長、株式会社ONE for Animals 副社長として多岐にわたり活躍中。

大腿骨頭切除を行う目的は疼痛の緩和・機能改善

大腿骨頭切除関節形成術は「完全な回復」よりも「著しい疼痛の緩和と機能改善をさせる救済策」であることがポイントです。ここではこの大腿骨頭切除術の手術適応となる主な疾患を紹介します。手術の目的や特徴、予後に関連する因子について知っておくことはとても重要になります。
※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます
整形外科診療シリーズ1 股関節脱臼

PART1

一歩先をいく整形外科診療
- 脱臼の治療 -

脱臼とは
来院症例の現状
股関節脱臼について
股関節に対する触診

PART2

整復方法を理解するために
必要な大腿骨の解剖

脱臼の整復方法
大腿骨の解剖について

PART3

股関節脱臼の整復
-トグルピン法 -

オペ動画で解説
 切皮
 大腿筋膜張筋の切開
 中臀筋と深臀筋の牽引
 関節包切開
 ドリルで穴開け
 トグルピンの設置
 縫合
術後経過

PART4

大腿骨頭切除について
- 概論 -

適応疾患
大腿骨頭切除形成術の目的
大腿骨頭切除形成術の特徴

PART5

大腿骨頭切除の
適応疾患

股関節形成不全について
股関節頭背側脱臼について
大腿骨頭無菌性壊死について
大腿骨頭骨折/
 大腿骨頭成長板骨折について

PART6

オペ動画で学ぶ
大腿骨頭切除関節形成術

オペ動画解説
 切皮/皮下組織切開
 大腿二頭筋前縁のアプローチ
 中臀筋と深臀筋の牽引
 関節包切開
 大腿骨頭切除の仕方
 洗浄/確認/縫合
 術後経過/まとめ
別症例の紹介
(6/1〜公開)

関連動画

整形
image image 膝関節鏡検査 〜実践編〜
赤木浩之
膝関節鏡検査 〜実践編〜
関節鏡検査は低侵襲でありながら、精度の高い検査結果を得られることが利点の一つです。但し、視野が狭く「異変性な軟骨損傷」や「靭帯損傷」を起こりうるので、構造物を予め理解しておくことが前提となり、解剖的な知識も必要になります。ここでは実際の関節鏡検査動画を見ながら、関節穿刺のコツ、膝関節鏡検査の流れに沿ったアプローチ法・注意点・構造物確認のポイントなどを詳しく解説していきます。
整形
image image 橈尺骨骨折の治療 -遠位が短いタイプの橈尺骨骨折-
磯野新
橈尺骨骨折の治療 -遠位が短いタイプの橈尺骨骨折-
ここでは「骨幹端の橈尺骨骨折」の治療についてお話しします。臨床的に小型犬や超小型犬の骨折で多く見られるのはこのタイプで、骨が細くなっている箇所に力が加わり骨折してしまいます。皆さんもこのような骨折を診ることが多いのではないでしょうか。治療は2枚のプレートを用いた整復を行いますが、遠位端で行う整復方法、ベンディング方法、アライメントの確認方法について解説したいと思います。
整形
image image 膝関節鏡検査 〜準備編〜
赤木浩之
膝関節鏡検査 〜準備編〜
関節鏡検査は、関節切開に比べ最小侵襲で痛みが少なく、術後関節の機能回復が早いことが最大のメリットです。また、肉眼では診断が難しい半月板の損傷や部分断裂は、膝関節鏡で検出することが可能になります。ここでは膝関節鏡検査の有用性や問題点について症例を用いながら紹介します。また関節鏡検査を実施する前の準備や必要な器具について、詳しく解説したいと思います。
外科
image image いまだから見直そう!手術前の準備「2. ガウン・グローブの装着」
岩田宗峻
いまだから見直そう!手術前の準備「2. ガウン・グローブの装着」
普段何気なく行なっている手術前の準備について再確認してみませんか?ここでは「ガウンの装着」「グローブの装着」について「実演映像」と「スライド」を用いて詳しく解説していいきたいと思います。術中のコンタミを防ぐため、触っても良い清潔な部分や触ってはいけない不潔な部分について装着の順を改めて知っていただくことを目的として解説したいと思います。
整形
image image 一歩先をいく整形外科診療 – 脱臼の治療 –
小林聡
一歩先をいく整形外科診療 – 脱臼の治療 –
犬の脱臼については前肢と比べて後肢の方が多くみられますが、部位によって脱臼の症例数が大きく異なります。この映像ではまず、2015〜2019の5年間に当院が関わった確定診断データをもとに、多発する整形外科疾患、好発犬種及び犬種別の発症年齢などについて詳しくご紹介します。さらに、最も多い「股関節脱臼」の原因と診断方法を解説します。
整形
image image [股関節脱臼]整復方法を理解するために必要な大腿骨の解剖
小林聡
[股関節脱臼]整復方法を理解するために必要な大腿骨の解剖
脱臼の整復方法は「非観血的整復」と「観血的整復」に分けられます。ここでは「観血的整復」である「トグルピン法による整復術」をメインでご紹介します。股関節脱臼に対してトグルピン法による整復を行う前に、まず大腿骨の解剖を理解することが重要です。それぞれ解剖構造の形・付着筋・役割を理解することで、トグルピン設置の方向や位置を理解することができます。