image play video
  • 2021/05/15公開
  • img
    岐阜大学応用生物科学部獣医臨床放射線学研究室 助教
    岩田宗峻
    日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業後、日本獣医生命科学大学大学院獣医生命科学研究科にて獣医学専攻博士課程(PhD)を修了。現在は、岐阜大学応用生物科学部獣医臨床放射線学研究室で助教を務める。

骨癒合不全の整復には感染の評価が重要

今回は「自家骨移植」についてお伝えします。症例は骨折整復後に骨癒合不全を発症した、骨が活性を失い、溶けて消失してしまう状態のCKCSです。骨癒合不全の治療を行う際には、感染の評価と骨の生物学的活性の評価が重要で、感染が認められる場合は原則、感染の制御後に再建を計画します。
※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます

関連動画

整形
image image 膝蓋骨脱臼に対する外科的整復手術[後編]
小林聡
膝蓋骨脱臼に対する外科的整復手術[後編]
後半となるこの映像では「膝伸展機構のアライメント矯正が目的で実施した整復手術」についてお話しします。膝伸展機構のアライメント矯正は、基本的には脛骨粗面転植を行うことがメインになります。ここでは、脛骨粗面の転植について、整復のポイントや手術時に注意すべきことについて、実際の手術動画を通して細かく解説していきます。
整形
image image [股関節脱臼]オペ動画で学ぶ大腿骨頭切除関節形成術
小林聡
[股関節脱臼]オペ動画で学ぶ大腿骨頭切除関節形成術
このシリーズでは「股関節脱臼」について解説します。まずは「大腿骨頭切除関節形成術」について実際のオペ動画を交えながら、手術の流れ、アプローチ法、手技のコツ、術後経過について詳しく解説します。ポイントをおさえることで、手術の成功率が上がりますので、この映像を通じ皆さんにお伝えします。
整形
image image 膝蓋骨脱臼の病態と診断について
小林聡
膝蓋骨脱臼の病態と診断について
「膝蓋骨脱臼」とは膝蓋骨が外側か内側に「脱臼」や「ゆるみのある状態」です。膝蓋骨変位の方向によって内方脱臼、外方脱臼、内外方脱臼、上方脱臼に分れていますが、「内方脱臼」が最も多く見られる疾患です。膝蓋骨脱臼の診断や評価を正しく行うためには、膝蓋骨周囲の解剖・膝蓋骨の役割を理解することが重要です。この映像では、膝関節の伸展機構について解説し、病態、臨床徴候、診断手順、評価項目について説明していきます。実際の症例を紹介しながらグレード分類についても細かく解説します。
整形
image image 膝蓋骨脱臼に対する外科的整復手術[前編]
小林聡
膝蓋骨脱臼に対する外科的整復手術[前編]
膝蓋骨不安定の改善を目的で行なった整復手術について、実際の手術動画を見ながらお話しします。前半となるこの映像では「術前準備→切皮/皮下組織切開→筋膜切開→関節包切開/外側アプローチ→内側アプローチ→大腿骨滑車造溝」の流れで、注意点、アプローチのコツ、造溝術について詳しく解説します。
整形
image image 膝蓋骨脱臼の治療法について
小林聡
膝蓋骨脱臼の治療法について
膝蓋骨脱臼においては併発疾患の有無を評価し、除外診断を適切に行うことが重要になります。ここでは先ず「注意すべき鑑別疾患」についてお話しをし、膝蓋骨脱臼の治療法について解説します。治療法には「内科療法」と「外科療法」がありますが、ここでは外科療法にフォーカスを当て、外科療法の適用、手術の合併症、手術の目的、術式の組合せなどにについて詳しく解説します。
整形
image image 膝関節鏡検査 〜実践編〜
赤木浩之
膝関節鏡検査 〜実践編〜
関節鏡検査は低侵襲でありながら、精度の高い検査結果を得られることが利点の一つです。但し、視野が狭く「異変性な軟骨損傷」や「靭帯損傷」を起こりうるので、構造物を予め理解しておくことが前提となり、解剖的な知識も必要になります。ここでは実際の関節鏡検査動画を見ながら、関節穿刺のコツ、膝関節鏡検査の流れに沿ったアプローチ法・注意点・構造物確認のポイントなどを詳しく解説していきます。