image play video
  • 2021/04/15公開
  • 岩永孝治
    東京動物心臓病センター センター長
    岩永孝治
    日本大学農獣医学部獣医学科を卒業後、同大学付属動物病院研修医課程の修了を経て、2003年に千葉大学大学院医学研究院循環病態医科学に入局。2007年には同研究院にて医学博士号・日本獣医循環器学会認定医を取得し、動物の循環器診断サービスを設立。2009年より日本小動物医療センター循環器科をはじめ、関東を中心に10病院で循環器診断を担当している。

僧帽弁のイメージ・逆流量・左心内圧を理解する

いくつかの僧帽弁不全症について症例解説を行なっていきますが、ここでは基本概略について解説します。僧帽弁鎖不全症のイメージ、基本的な診断の仕方、超音波検査の診断の仕方を中心に概論についてお話しします。
犬の「僧帽弁閉鎖不全症」シリーズ

概論
僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症について

CASE 1
僧帽弁閉鎖不全症

咳を主訴に来院した重症度ステージCのチワワ

CASE 2
僧帽弁閉鎖不全症

心雑音の精査で来院したステージB2のトイプードル

CASE 3
僧帽弁閉鎖不全症

頻拍で来院したステージDのシーズー

CASE 4
僧帽弁閉鎖不全症

咳が改善しない15歳齢ポメラニアン

CASE 5
僧帽弁閉鎖不全症

虚脱・失神を発症するM.ダックスフンド

CASE 6
僧帽弁閉鎖不全症

心雑音の精査で来院したキャバリア

CASE 7
僧帽弁閉鎖不全症

咳を主訴に来院した重症度ステージDのチワワ

CASE 8
僧帽弁閉鎖不全症

検診で心嚢水貯留を確認され来院したチワワ

CASE 9
僧帽弁閉鎖不全症

他院で肺水腫と診断され来院したポメラニアン

CASE 10
僧帽弁閉鎖不全症

呼吸促迫を主訴に来院したチワワ

※当サイトに掲載される全ての動画、画像、ハンドアウト内⽂章および画像について個⼈使⽤以外の⼀切の⾏為(転写・複製・譲渡・WEB掲載等)を禁じます

関連動画

循環器
image image 呼吸促迫を主訴に来院したチワワ
岩永孝治
呼吸促迫を主訴に来院したチワワ
呼吸促迫を主訴に来院したチワワについてお話しをします。来院時検査で「前尖逸脱による左心拡大」の所見が見られたため、重度な僧帽弁閉鎖不全症と診断し、トラセミドの投与量を調整しながら治療開始しました。この症例は、発咳が「心拡大による気管圧迫されること」が原因となり、心拡大を改善させることが治療のポイントになります。
画像
image image 消化管腫瘍の超音波検査
石川雄大
消化管腫瘍の超音波検査
この動画は消化管悪性腫瘍の中で遭遇頻度が高い「腸腺癌」にスポットをあてお話をします。腸腺癌は比較的画像特徴が強い疾患であり、この特徴を知ることで、その他の疾患や悪性腫瘍との鑑別が有意になります。その他にも、腸腺癌と似た画像特徴という他の疾患について解説します。
画像
image image 猫の前縦隔腫瘤の画像診断
石川雄大
猫の前縦隔腫瘤の画像診断
この映像は猫の前縦隔腫瘤病変に対する画像診断を解説します。超音波検査においてその内部構造から胸腺腫やリンパ腫、鰓弓嚢胞といった猫においた発生頻度の高い疾患の鑑別はある程度有用です。それぞれの疾患の特徴を認識して活用できればと思います。
循環器
image image 胸水を主訴に来院したミックス猫
堀泰智
胸水を主訴に来院したミックス猫
ここで紹介する症例は原因不明の胸水貯留を主訴で来院したミックス猫で、心不全の治療だけでは胸水が改善されませんでした。一般的に胸水の原因としては「うっ血性心不全」「腫瘍性疾患」「伝染性腹膜炎(FIP)」が考えられ、この3つの疾患に対し必ず評価を行うことが必要です。この症例を通じ、胸水貯留の猫における基礎疾患の精査と治療の重要性を紹介します。
循環器
image image 肺水腫を繰り返し肺高血圧症を合併したキャバリア
井口和人
肺水腫を繰り返し肺高血圧症を合併したキャバリア
この動画は、最近話題になっている肺高血圧症についての症例をご紹介します。この症例は肺水腫から呼吸困難の症状が長期間繰り返し、また肺高血圧症の併発があり、最終的に腹水の貯留が出現したキャバリアです。標準的な内科治療に抵抗性があること、肺高血圧症の予後不良因子もあるため、オーナー様の意向で外科治療を行いました。
循環器
image image 咳を主訴に来院した重症度ステージDのチワワ
岩永孝治
咳を主訴に来院した重症度ステージDのチワワ
僧帽弁閉鎖不全症StageC〜Dのチワワの症例を紹介します。治療としてAC阻害薬と気管支拡張薬を使っていましたが効果が現れず、トラセミドを追加しながらの調整をし経過観察を続けていました。重度な僧帽弁閉鎖不全や肺水腫の症例においても、うまくコントロールができれば内科治療で長期生存が可能だと感じた症例です。ある程度改善したとしても時間の経過により再発、あるいは状態が悪化することがありますので、定期的に検査を行う必要があります。