[#内分泌] 検索結果

内分泌
image image 犬と猫の糖尿病 - 管理方法について –
森昭博
2022/04/01公開
犬と猫の糖尿病 - 管理方法について –
糖尿病の犬や猫ににおける自宅での管理は治療の一環として必要不可欠になるため、オーナーに適切なアドバイスや指導を行うことが重要になります。ここでは、血糖自己測定に必要な器具、食事療法の注意点、低血糖の対処法についてお話をしていきます。
内分泌
image image 犬の糖尿病 - 犬のインスリン治療 –
森昭博
2022/04/01公開
犬の糖尿病 - 犬のインスリン治療 –
ここでは、「糖尿病の犬に対するインスリン治療」についてお話をします。日常多く使われている投与薬として「プロジンク」「NPHインスリン」「レベミル」を中心に紹介します。また各々の治療薬について、その効目や投与量、使用上の注意点について、臨床データを見ながら解説していきます。
内分泌
image image 犬と猫の糖尿病 - 症例解説 –
森昭博
2022/04/01公開
犬と猫の糖尿病 - 症例解説 –
ここではインスリン治療を行なった症例を紹介します。1つ目は、膵炎後経過観察と甲状腺機能低下症の疑いで来院した高齢犬の症例について。2つ目は、インスリン注射時にオーナーが噛まれるとの治療相談で来院した高齢犬の症例。3つ目は、インスリン抗体ができてインスリン抵抗性が起こった猫の珍しい症例を紹介します。症状や体重によって使用するインスリンの選択が必要となり、また投与量や効果も変化します。症例を通じてポイントを解説します。
内分泌
image image 猫の糖尿病 - 猫のインスリン治療 –
森昭博
2022/04/01公開
猫の糖尿病 - 猫のインスリン治療 –
糖尿病猫のインスリン治療では、基本的に1日2回のインスリン療法を指示しています。猫の場合、インスリンの効目時間は短くなるため「持効型インスリン」を選択することが必要です。ここでは「プロジンク」「ランタス」「レベミル」「トレシーバ」について、持効性や使用上の注意点などについて、実症例のデータを交してお話をしていきます。
内分泌
image image 犬と猫の糖尿病 - 病態と診断について –
森昭博
2022/04/01公開
犬と猫の糖尿病 - 病態と診断について –
ここでは「犬と猫の糖尿病の病態と診断」についてお話しします。犬と猫の糖尿病は多飲多尿や体重減少といった臨床症状や持続的な高血糖を示すなど共通した症状を表し、その診断は比較的容易ですが、診断基準を高めることで的確な治療や提案を行うことが可能です。ここでは糖尿病についての原因、高い診断基準からの診断、血糖コントロール目標の立て方について詳しく解説していきます。